メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

著作権使用料

音楽教室来月から徴取 当面楽器店運営のみ

 日本音楽著作権協会(JASRAC)は8日、全国の音楽教室が使う楽曲の著作権使用料を4月1日から徴収すると発表した。文化庁長官が7日に徴収を認める裁定を下したことを受けた措置。ただ、当面は楽器メーカーや楽器店が運営する教室に限定し、個人の教室は対象にしない。

 JASRACによると、3月下旬から全国約7300の音楽教室を対象に、4月以降の徴収開始を通知する。現在JASRACに徴収権がないことの確認を求め、東京地裁に提訴している「音楽教育を守る会」の加盟事業者などには督促をしない。契約促進のため、今年9月末までに契約すると4月から1年分の使用料は10%割り引くという。

 訴訟でJASRACに徴収権がないことが確定した場合、4月以降に音楽教室から徴収した使用料は返還する方針。「音楽教育を守る会」の三木渡代表は7日の裁定後、「JASRACには司法の判決が確定するまで、すべての音楽教室から徴収しないことを求める。使用料の割引などもしないように見守っていきたい」と話していた。【木村光則】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば うるま市女性殺害事件
  2. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  3. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  4. 名人戦 佐藤名人「羽生さんから防衛、想像絶した」
  5. テニミュ 斎藤工や城田優、瀬戸康史…伝説の1stシーズン放送決定 WOWOWで8月から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]