メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

スポーツ 羽生選手が世界選手権を欠場 けがの治療を優先

男子シングルのセレモニーで、笑顔で並ぶ金メダルの羽生結弦選手=江陵アイスアリーナで2月17日、手塚耕一郎撮影

 フィギュアスケート男子だんし羽生結弦選手はにゅうゆづるせんしゅ(23)=写真しゃしん=が、右足首みぎあしくびのケガのため、連覇れんぱのかかる世界選手権せかいせんしゅけん(21日開幕にちかいまく、イタリア・ミラノ)を欠場けつじょうすることになりました。羽生選手はにゅうせんしゅは7なのか日本にほんスケート連盟れんめいつうじて「一日いちにちはや復帰ふっきできるよう、すこしずつできることをつづけていきます」とコメントしました。

     羽生選手はにゅうせんしゅは、昨年さくねん11がつ大会たいかい練習中れんしゅうちゅう右足首みぎあしくびいためました。やく4かげつぶりの大会出場たいかいしゅつじょうとなった韓国かんこく平昌冬季ピョンチャンとうきオリンピックで五輪連覇ごりんれんぱたしましたが、右足首みぎあしくびがまだいたむことをかしていました。今回こんかい欠場けつじょうともな診断書しんだんしょでは、およそ2週間しゅうかん安静あんせいと3か月間げつかんのリハビリが必要ひつようになる見込みこみ、とされました。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
    2. ご当地グルメ 鹿児島・あご肉 癖になる独特の食感
    3. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    5. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです