メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

ドルトムント、ホームでザルツブルクに手痛い黒星…南野は途中出場、香川はメンバー外

情報提供:サッカーキング

ザルツブルクに敗戦を喫したドルトムント [写真]=Borussia Dortmund/Getty Images
 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦(ラウンド16)ファーストレグが8日に行われ、香川真司が所属するドルトムント(ドイツ)と南野拓実が所属するザルツブルク(オーストリア)が対戦した。南野はベンチからのスタート、香川は負傷のためメンバー外となった。

 最初にチャンスを作ったのはドルトムントだった。6分、マルコ・ロイスの右からのコーナーキックに、ファーサイドでフリーになっていたアンドレ・シュールレが右足で合わせる。強烈なシュートを放つも、枠を捉えることができなかった。

 互いにチャンスを作るも前半はスコアレスで終了する。

 後半開始早々の48分、突破を試みたファン・ヒチャンがペナルティーエリア内で倒され、ザルツブルクがPKを獲得する。このPKをヴァロン・ベリシャがしっかりと決めて、ザルツブルクが先手を奪った。

 続く55分、ザルツブルクが更に攻勢をかける。ピッチ中央付近で相手のパスミスをカットすると、アマドゥ・ハイダラは右サイドのシュテファン・ライナーに展開する。ライナーがマイナスのボールを中に折り返すと、フリーで待っていたベリシャが右足で鋭いシュートを突き刺す。ザルツブルクがリードを2点に広げた。

 追いかけるドルトムントも62分、ロイスのパスを受けた途中出場のクリスティアン・プリシッチが右足でクロスを上げると、走りこんできたシュールレが押し込み、1点を返す。

 73分、ザルツブルクは南野を投入する。すると78分、エリア手前でボールを受けた南野が素早いターンで前を向き、右足で強烈なシュートを放つ。しかし、ボールは惜しくも枠を外れた。

 試合はこのまま1-2で終了。ドルトムントは2点のアウェイゴールを奪われる手痛い敗戦となった。セカンドレグは15日にザルツブルクのホームで行われる。

【スコア】
ドルトムント 1-2 ザルツブルク

【得点者】
0-1 49分 ヴァロン・ベリシャ(ザルツブルク)
0-2 56分 ヴァロン・ベリシャ(ザルツブルク)
1-2 62分 アンドレ・シュールレ(ドルトムント)

【関連記事】
●UEFAが21世紀ベスト11を発表! スペインサッカーの強さが際立つ
●ロシアW杯出場を逃したベスト11がすごい…ベイルやサンチェスなど選出
●最も高価な選手層を持つクラブは? レアルは6位、育成実るトッテナムが2位
●実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
●「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  4. 商標法違反 「ジャニーズ」名称を無断使用 3人書類送検
  5. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]