メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

酒井宏樹フル出場のマルセイユ、ELベスト8へ前進…ビルバオに先勝

情報提供:サッカーキング

酒井宏樹はフル出場でマルセイユの勝利に貢献 [写真]=Icon Sport via Getty Images
 ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦(ラウンド16)ファーストレグが8日に行われ、日本代表DF酒井宏樹のマルセイユ(フランス)とアスレティック・ビルバオ(スペイン)が対戦。酒井は先発メンバーに名を連ねた。

 スコアは開始早々に動いた。キックオフからわずか44秒、マルセイユが敵陣右サイドを突破すると、ペナルティーエリア右側からのクロスにルーカス・オカンポスが反応。最終ラインの背後を取り、ワンタッチで押し込んだ。

 幸先の良いスタートを切ったマルセイユは14分、右サイドからのクロスから相手のクリアが小さくなったところにディミトリ・パイェが反応。ペナルティーエリア右側でのトラップから右足を振り抜き、強烈なボレーを突き刺し追加点を奪った。

 以後もマルセイユは攻勢をかけ、ミスの目立つアスレティック・ビルバオを押し込んでいく。だが、前半アディショナルタイムにペナルティーエリア内でのハンドでPKを与え、アドゥリスに決められて失点。2-1で前半を終えた。

 1点リードで後半を迎えたマルセイユは57分、またも右サイドからの攻撃で追加点。パイェの低いクロスにオカンポスが反応して右足ダイレクトで合わせると、相手GKの手と左ポストを弾いたボールがゴールへ吸い込まれた。

 試合は3-1で終了。マルセイユがホームで3得点を挙げて先勝し、ベスト8進出へ前進した。酒井はフル出場で勝利に貢献。セカンドレグは15日にアスレティック・ビルバオのホームで行われる。

【スコア】
マルセイユ 3-1 アスレティック・ビルバオ

【得点者】
1-0 1分 ルーカス・オカンポス(マルセイユ)
2-0 14分 ディミトリ・パイェ(マルセイユ)
2-1 45+3分 アドゥリス(PK)(アスレティック・ビルバオ)
3-1 57分 ルーカス・オカンポス(マルセイユ)



【関連記事】
スペイン紙が最も足の速い選手10名を掲載…1位はあの選手
「CL優勝したことがない」ベスト11が豪華すぎると話題に
実はバロンドールを受賞したことがない10人の偉大な選手たち
イブラやピルロ、レヴァンドフスキも…サッカー史に残る「最高のフリー移籍」
不運過ぎる? ピッチ外のアクシデントで離脱を強いられた12名の選手たち

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  2. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  3. 地震 大阪府北部で震度6弱
  4. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる
  5. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]