メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

大谷「カーショー、素晴らしい」一級品カーブに脱帽(スポニチ)

オープン戦 エンゼルス2-4ドジャース(2018年3月7日 テンピ)

 エンゼルス・大谷が7日(日本時間8日)のオープン戦でドジャース・カーショーと初対戦した。MVP1度、サイ・ヤング賞3度獲得の最強左腕。この日を心待ちにしていた。

     「7番・DH」で出場。3回先頭で打席が回った。2ボールから2球連続で直球をファウル。最後は縦に割れるカーブに見逃し三振を喫した。外角低めいっぱいで「自信を持って見送った」というが、球審は手を上げた。

     負けても得たものは大きい。「ボール先行の場面からカウント球をきっちり投げていた。やっぱり素晴らしいなと思った。一球一球のレベルが高い」。対戦は1打席だったが、打者として攻略すべきレベルの高さを見届け投手目線でも超一流のエキスを吸収した。ナイアガラの滝に形容されるカーブの落差もしっかり見届けた。

     メジャー移籍を目指し面談を重ねた昨年12月、ド軍は会談にカーショーを同席させていた。「(大谷は)ドジャースを選ばなかったけど、幸運を祈る」。3回で降板した左腕は、そう口にした。

     4回は前西武のシュリッターに遊ゴロ併殺打に仕留められ、2打席で交代。4試合連続無安打で打率.091となり、「(投球)フォーム自体にワンテンポ遅れる印象がある」と課題を挙げた。試合前は33球の投球練習。ブルペン入りと同日の打者出場はエ軍では初だった。8日(日本時間9日)は欠場する。(スポニチ)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
    2. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
    3. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
    5. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]