メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乳がん診断

画像鮮明、早期治療へ 紀和病院に新装置 橋本 /和歌山

導入された新型マンモグラフィーについて説明する梅村定司センター長(左)=橋本市岸上の紀和病院で、松野和生撮影

 医療法人南労会・紀和病院(橋本市岸上)が、乳がん診断に使う高性能の新型マンモグラフィーを放射線科に導入した。X線撮影した断層画像を三次元的に構成して再現でき、従来型の装置より鮮明な画像が得られる。がんの病変を発見しやすくなり、早期治療に役立つという。

 乳房内には母乳を分泌する乳腺が多数あり、日本人…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大リーグ 大谷、再戦で成長の跡 対バーランダー
  2. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  5. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]