メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外愛媛文書 首相が否定「指摘の日会ったことない」
気鋭に迫る

ローザンヌから羽ばたく バレエダンサー・菅井円加(23)

「椿姫」ではヒロインの友人役を陰影濃く演じた=2月、写真家の長谷川清徳さん撮影

 ダンサーの登竜門であるスイス・ローザンヌ国際バレエコンクールを制したのが、2012年2月。特に現代作品で、日本人には珍しいスケールの大きさを示した。それからちょうど6年。菅井円加(まどか)さんは独ハンブルク・バレエ団の来日公演「椿姫」(ジョン・ノイマイヤー版)で、ヒロインの友人プリュダンス役を生き生きと演じていた。

 「娼婦(しょうふ)ですが情に厚く」、恋に落ちてパトロンと別れる主人公を心から案じている。「でもちゃ…

この記事は有料記事です。

残り850文字(全文1059文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. 大阪重機事故 てんかんで事故歴 勤務先管理者の立件検討
  3. 皇室 両陛下の肖像画が完成 即位後は初、等身大
  4. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  5. 高橋・狛江市長 セクハラ疑惑 市確認、本人は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]