メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

工芸の地平から

日本と台湾の表現を融合=外舘和子

 毎年、年度末になると美大・芸大の工芸領域の博士学位審査員に招聘(しょうへい)されるが、昨今、中国や韓国など近隣のアジア出身の留学生を数多く見かけるようになった。私が担当した一人、金沢美術工芸大学の博士課程で金工を学んだ黄照津(こうしょうしん)は、台湾からの留学生であった。

 例えば絵画の世界なら戦前は欧州、戦後は米国が主な留学先であったはずだが、工芸の領域に関しては、今日、日本が「先進国」の一つと見做(みな)されているようだ。韓国からの大学院生などは、熾烈(しれつ)な受験戦争を回避する意図もあるかもしれないが、そうした事情を差し引いても、日本で工芸を学ぶ価値はあるらしい。

 しかし、歴史を振り返れば日本の工芸の多くは、もともと近隣のアジア、特に中国が手本である。日本では弥…

この記事は有料記事です。

残り916文字(全文1255文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  3. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  4. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
  5. 福岡男性刺殺 容疑者か ネットに「自首し俺の責任取る」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]