メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

三浦春馬

映画「アイネクライネナハトムジーク」で主演 伊坂幸太郎の恋愛小説を実写化

映画「アイネクライネナハトムジーク」で主演を務める三浦春馬さん

 俳優の三浦春馬さんが、人気作家・伊坂幸太郎さんの恋愛小説が原作の映画「アイネクライネナハトムジーク」(今泉力哉監督、今冬公開)に主演することが11日、明らかになった。三浦さんは「この作品に登場するキャラクターが過ごす一瞬や、大切な人との言葉のやりとりが人生の音符となり、柔らかな応援歌になるよう、監督をはじめ、スタッフ、キャスト一丸となって撮影に臨みたいと思います!」と意気込んでいる。

 同タイトルの原作は、それぞれの物語に関連性がある「アイネクライネ」で始まり「ナハトムジーク」で終わる6章の短編からなる、伊坂さん唯一の恋愛小説。シンガー・ソングライターの斉藤和義さんのファンだった伊坂さんが、斉藤さんから作詞依頼を受け、作詞の代わりに短編小説「アイネクライネ」を執筆し、斉藤さんはそれを基に「ベリー ベリー ストロング ~アイネクライネ~」という楽曲を制作。楽曲がシングルカットされると、伊坂さんが初回限定の特典用小説として第2章となる「ライトヘビー」を書き下ろした。

 原作には登場人物それぞれの伏線が最終章で回収される仕掛けがあるが、映画でも三浦さん演じる佐藤という男を中心に展開するという。メガホンをとるのは、“ダメ恋愛映画の旗手”とも称される新鋭・今泉監督で、伊坂さんのラブコールを快諾。撮影は4月からオール仙台ロケを予定している。

三浦春馬さんのコメント

 「アイネクライネナハトムジーク」という作品に関われること、とても光栄に思います。この作品に登場するキャラクターが過ごす一瞬や、大切な人との言葉のやりとりが人生の音符となり、柔らかな応援歌になるよう、監督をはじめ、スタッフ、キャスト一丸となって撮影に臨みたいと思います!

伊坂幸太郎さんのコメント

 「こっぴどい猫」がとても味わいのある群像劇だったので今泉監督なら、この小説を面白い映画にしてくれるのではないかとお願いしました。自分の小説世界が、今泉さん風に変換されるのが今から楽しみです。三浦春馬さんは僕の別作品「チルドレン」のドラマにも出てくれたことがあります。また出演してもらえてうれしいです。

今泉力哉監督のコメント

 この映画は“出会い”について、そして“特別ではない人々”の愛や関係性についての物語です。斉藤和義さん、伊坂幸太郎さん、三浦春馬さん、というさまざまな世代の“特別な人”ととともに、どこにでもあるような悩みや、平凡だけど美しい日常を描けたらな、と思っています。楽しみます!

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  4. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  5. 暴行 3歳長女に 容疑の母ら逮捕 県警、稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]