メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひょうごを食べる・農の現場から

/75 姫路市大津区勘兵衛町・姫路れんこん 炒めてシャキッ、揚げてモッチリ /兵庫

 漢字で書くと「蓮根(れんこん)」。夏に華麗な花を咲かせるハスは、水の下、土の中で太い根を張り、レンコンが育ちます。姫路市の南部、大津区勘兵衛町はもともと干拓地。レンコンの栽培に適した土壌で、同町にレンコンが導入されたのは大正初期にさかのぼるそうです。昭和に入り、栽培は本格化。現在は「勘兵衛農区出荷組合」の生産者26戸が「榎本種(えのもとしゅ)」「金澄(かなすみ)」といった品種を栽培し、「姫路れんこん」として販売しています。

 4月、水田に苗を植え付け、底が見えなくなるまで水を張り、生育環境を整えます。夏の花の時期が終わると…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天然記念物のジュゴン1頭の死骸発見 沖縄
  2. 盛岡の40代同性カップルがフォトウエディング 企画の団体「地方まだ理解進んでいない」
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 「どう接したら…」 職員に戸惑いも 暴言の明石市長3選
  5. 奈良の6人死亡バイク事故 死亡した少年1人を書類送検へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです