メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひょうごを食べる・農の現場から

/75 姫路市大津区勘兵衛町・姫路れんこん 炒めてシャキッ、揚げてモッチリ /兵庫

 漢字で書くと「蓮根(れんこん)」。夏に華麗な花を咲かせるハスは、水の下、土の中で太い根を張り、レンコンが育ちます。姫路市の南部、大津区勘兵衛町はもともと干拓地。レンコンの栽培に適した土壌で、同町にレンコンが導入されたのは大正初期にさかのぼるそうです。昭和に入り、栽培は本格化。現在は「勘兵衛農区出荷組合」の生産者26戸が「榎本種(えのもとしゅ)」「金澄(かなすみ)」といった品種を栽培し、「姫路れんこん」として販売しています。

 4月、水田に苗を植え付け、底が見えなくなるまで水を張り、生育環境を整えます。夏の花の時期が終わると…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文658文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  2. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  3. 広島・原爆資料館 本館メイン展示に「3日後の少女写真」
  4. 広島原爆 「鉛のような味がした」エノラ・ゲイ搭乗員証言
  5. 新元号 即位前公表「ルール違反」 京産大名誉教授が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです