メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

揺らぐ原発再稼働 安全対策、高コスト

 7年前の東京電力福島第1原発事故以降、原発を取り巻く環境は大きく変わった。政府は規制を強化したうえで原発を「重要なベースロード電源」と位置づけ、再稼働を推進してきたが、再稼働した原発は5基にとどまる。この間、再生可能エネルギーの普及と価格低下が進み、将来は「主力電源」となる可能性が出てきた。電力会社にとって、原発の位置づけは揺らぎはじめている。【片平知宏】

 関西電力は2017年12月、大飯原発1、2号機(福井県おおい町)の廃炉を決めた。福島原発事故を踏ま…

この記事は有料記事です。

残り1581文字(全文1811文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  2. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  3. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  4. カップヌードルみそ味、4月に新発売 これまでなぜなかった?
  5. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです