メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

池澤夏樹・評 『「招待所」という名の収容所 北朝鮮による拉致の真実』=ロバート・S・ボイントン著

 (柏書房・2916円)

「いかに」「なぜ」同時に追う

 現代史とは、ジャーナリズムから歴史への過程のことだ。

 世に言う「拉致問題」について自分が何を知っているか、改めて考えてみると情報の断片しかないことに気づく。広い視野のためには外の視点が要る。

 一九七〇年代から八〇年代にかけて、日本政府公認で十七名、一説には数百名の日本人が拉致されて北朝鮮に運ばれ、自由のない生活を強いられた。五名は帰国したけれど、他の人々について北朝鮮政府は死亡とか入境せずと言っている。

 一つの国家が平時に他国の国民を複数、計画的に拉致する。二十世紀の後半にそういうことが起こった。調査…

この記事は有料記事です。

残り1141文字(全文1421文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]