メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

堀江敏幸・評 『ファミリー・ライフ』=アキール・シャルマ著

 (新潮クレスト・ブックス・1944円)

苦しみを消さず、喜びへ反転する

 アキール・シャルマの『ファミリー・ライフ』は、自伝的な要素のつよい小説だ。語り手アジェは、インドのデリーで少年時代を送った。父は会計士、母は高校の経済学の教師で、優秀な兄ビルジュがいる。一九七八年、父は国の将来を憂い、家族の幸福のためにアメリカに渡ると、あらたな職を得て、翌年には家族を呼び寄せた。

 このとき語り手は八歳、兄は十二歳だった。父は公務員になり、母は縫製工場で働いて、子どもたちの教育に…

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1480文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]