メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

堀江敏幸・評 『ファミリー・ライフ』=アキール・シャルマ著

 (新潮クレスト・ブックス・1944円)

苦しみを消さず、喜びへ反転する

 アキール・シャルマの『ファミリー・ライフ』は、自伝的な要素のつよい小説だ。語り手アジェは、インドのデリーで少年時代を送った。父は会計士、母は高校の経済学の教師で、優秀な兄ビルジュがいる。一九七八年、父は国の将来を憂い、家族の幸福のためにアメリカに渡ると、あらたな職を得て、翌年には家族を呼び寄せた。

 このとき語り手は八歳、兄は十二歳だった。父は公務員になり、母は縫製工場で働いて、子どもたちの教育に…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電
  2. 飛び交う「ええかげんにせえや」 大阪都構想の法定協が大混乱
  3. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  4. SNSにも動画 背景に「カワウソブーム」 警視庁2容疑者逮捕
  5. 特集ワイド 「アベ政治ノー」訴え続ける 木内みどりさん 「言うべきこと」萎縮無用

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです