メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中島岳志・評 『記者襲撃 赤報隊事件30年目の真実』=樋田毅・著

 (岩波書店・2052円)

鬼気迫る筆致で過激な風潮に抗う

 1987年5月3日、朝日新聞阪神支局が散弾銃で襲撃され、記者が殺傷された。赤報隊を名乗る犯人は、約3年4か月の間に襲撃・脅迫を繰り返し、未解決のまま、2003年に時効を迎えた。

 著者は事件の3年前まで同支局に勤務し、事件後も特命取材班に加わって事件の真相を追求してきた。今年1月に放送された「NHKスペシャル 未解決事件File06赤報隊事件」では、元SMAPの草なぎ剛が著者の役を演じたことで注目された。本書は、著者の約30年にわたる取材の総決算である。

 著者が継続して来たのは、一般的な取材ではなく「犯人を追い求める取材」である。対象者には暴力団関係者…

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1420文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  2. FFと天野喜孝の世界展 東京・池袋で大規模展示会 原画やCG、立体造形も
  3. 名人戦 佐藤名人が2勝目 再びタイに
  4. ねこ駅長 「ニャー」就任で観光客5倍に JR豊後竹田駅
  5. フィギュアスケート プリンスアイスワールド開幕 氷上の舞、湖国魅了 10年ぶりの公演 五輪の感動再び 大津 /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]