メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

待ち遠しい

/56 作・柴崎友香 題字・画 赤井稚佳

=画・赤井稚佳

前回までのあらすじ

 春子宅を親友の直美が訪ねてきた。直美は、もっと若かった頃に皆が恋の話題で盛り上がっていると、春子が興味を持てないでいることに気付いていたといい、そんな春子を肯定する。ゆかり宅での食事会に、直美の一家も招かれている。

人が集まる場所

 孝太郎と明斗(あきと)、京子の夫・孝之もやってきて、普段はその空間をさびしくさえ感じることもある母屋の一階は狭いくらいだった。

「この家にこんなに人が来るなんて、何年ぶりやろね」

この記事は有料記事です。

残り2712文字(全文2925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです