メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

震災の記憶を記録に 福島・富岡町、震災遺産5000点

 東京電力福島第とうきょうでんりょくふくしまだい原発げんぱつちか福島県富岡町ふくしまけんとみおかまちでは、東日本大震災ひがしにほんだいしんさい原発事故げんぱつじこ記録きろく保存ほぞんして活用かつようするみがすすんでいます。震災しんさいまったままの時計とけいや、当時とうじ姿すがたをとどめる避難所ひなんじょ映像えいぞうなどをあつめ、まち条例じょうれいで「震災遺産しんさいいさん」に認定にんてい。3年後ねんごのオープンを目指めざす「アーカイブ施設しせつ」で展示てんじする予定よていです。

     2ふつかには、町北部まちほくぶ中学校ちゅうがっこう体育館たいいくかんをドローンを使つかって撮影さつえいしました。地震じしん発生はっせいした卒業式そつぎょうしきだったので、かべには紅白こうはくまくられたまま。避難ひなんしてきた町民ちょうみんべたかんパンのかんころがるなど、当時とうじ状態じょうたいがそのままのこされていました。いま原則立げんそくたりが禁止きんしされている地域ちいきにある温浴施設おんよくしせつでもドローンをばし、避難者ひなんしゃ寝泊ねとまりした和室わしつ天井てんじょうちたプールを撮影さつえいしました。避難所ひなんじょ記録きろく分析ぶんせきすれば、住民じゅうみん行動こうどうをたどれます。災害さいがいきたときに避難所ひなんじょをどう運営うんえいするか、教訓きょうくん未来みらいかせるかもしれません。

     中心ちゅうしんになっているまち職員しょくいんは、建物たてもの解体かいたい家財かざい処分しょぶんすすむと、被害ひがい実態じったいからなくなると危機感ききかんいてはじめました。配達はいたつできなかった新聞しんぶん中止ちゅうししたまつりのポスター▽津波つなみによる行方不明者名ゆくえふめいしゃめいしるされた町災害対策本部まちさいがいたいさくほんぶのホワイトボード--など、あつめた震災遺産しんさいいさんは5000てんえます。昨年さくねんがつまち被災ひさいした建物たてもの、モノ、景観けいかんなどを「震災遺産しんさいいさん」として保全ほぜんする全国初ぜんこくはつ条例じょうれい制定せいていしました。来年度らいねんどはアーカイブ施設しせつ設計せっけいりかかります。担当者たんとうしゃは「震災しんさい原発事故げんぱつじこがどのようなものかを資料しりょうかたってもらう施設しせつにしたい」とはなしています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
    2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
    3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
    4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
    5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです