メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

「60年安保」指導者の後半生

 島成郎(しげお)(1931~2000年)といえば、「60年安保闘争」を主導したブント(共産主義者同盟)の書記長だった人物として知られる。ブントは全学連(全日本学生自治会総連合)の主流派を占め、国会突入デモなどの過激な運動を展開した。結果的に、日米安保条約改定は貫徹され、闘争は敗北に終わる。その後、島は政治を離れ、大学に復学して精神科医となり、主に沖縄で医療活動に当たった。

 ここまでは比較的有名な話だろう。しかし、沖縄に赴いて以後、島がどのような長い「後半生」を送ったのか…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1506文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]