メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

「60年安保」指導者の後半生

 島成郎(しげお)(1931~2000年)といえば、「60年安保闘争」を主導したブント(共産主義者同盟)の書記長だった人物として知られる。ブントは全学連(全日本学生自治会総連合)の主流派を占め、国会突入デモなどの過激な運動を展開した。結果的に、日米安保条約改定は貫徹され、闘争は敗北に終わる。その後、島は政治を離れ、大学に復学して精神科医となり、主に沖縄で医療活動に当たった。

 ここまでは比較的有名な話だろう。しかし、沖縄に赴いて以後、島がどのような長い「後半生」を送ったのか…

この記事は有料記事です。

残り1268文字(全文1506文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 乳がん さいたま出身の54歳北村さん、自らの体験出版 ありのままの大切さ思い 術前と術後の写真掲載 /埼玉
  4. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  5. 女性用アダルトグッズ、百貨店で好評 展開仕掛ける女性広報の思い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです