メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

届け、復興願う声 犠牲者思い、慰霊の読経 東大寺で法要 奈良 /奈良

大仏の前で読経する東大寺の狹川普文別当(中央)ら=奈良市で、郡悠介撮影

 東日本大震災の発生から7年を迎えた11日、奈良市の東大寺大仏殿で、犠牲者を慰霊し、被災地の復興を願う法要が営まれた。寺の狹川(さがわ)普文別当ら僧侶約30人が大仏の前で読経し、参拝者らも祈りをささげた。

 東大寺は震災後、毎年法要を催しており、4月からは東北歴史博物館(宮城県多賀城市)で寺の宝物や史…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文332文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンク解約1万~2万件 通信障害で
  2. ソフトバンク株 「史上最大の新規上場」も期待外れ
  3. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 寝屋川中1殺害 「遺体の声」どう判断 求刑は死刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです