メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

改憲案可決 主席任期撤廃 習思想盛る

 【北京・浦松丈二、河津啓介】北京で開会中の第13期全国人民代表大会(全人代=国会)第1回会議は11日、全体会議を開き、2期10年までと定められている国家主席の任期上限を撤廃する憲法改正案を賛成多数で可決した。2013年に就任した習近平国家主席(64)が2期目の任期切れを迎える23年以降も続投することが可能になる。

 中国憲法の改正は04年の「私有財産の不可侵」の明記以来14年ぶり5回目。国家主席の任期規定が改正さ…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文732文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです