メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

改憲案可決 主席任期撤廃 習思想盛る

 【北京・浦松丈二、河津啓介】北京で開会中の第13期全国人民代表大会(全人代=国会)第1回会議は11日、全体会議を開き、2期10年までと定められている国家主席の任期上限を撤廃する憲法改正案を賛成多数で可決した。2013年に就任した習近平国家主席(64)が2期目の任期切れを迎える23年以降も続投することが可能になる。

 中国憲法の改正は04年の「私有財産の不可侵」の明記以来14年ぶり5回目。国家主席の任期規定が改正さ…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文732文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  2. ライフスタイル 仕事がデキる人はもれなく「習慣の奴隷」である ──『天才たちの日課』(GetNavi web)
  3. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  4. 名古屋 BTSファン投稿巡り女子大に爆破予告メール
  5. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです