メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

改憲案可決 主席任期撤廃 一極集中へ加速 習氏の権威保障

全人代で中国憲法の改正案に投票する習近平国家主席=北京の人民大会堂で11日、河津啓介撮影

 【北京・河津啓介】11日に中国の全国人民代表大会(全人代=国会)で可決された、国家主席の任期を撤廃する憲法改正は、トウ小平以来の改革開放政策で築き上げた集団指導体制から「一極集中」への転換を加速しかねない。習近平指導部は、個人崇拝を否定した現行憲法の精神から、習国家主席(共産党総書記)を核心とする党中央の権威を憲法で保障する道へと踏み出した。

 11日午後3時55分、北京の人民大会堂の大画面に「賛成2958票、反対2票、棄権3票、無効1票」と…

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1252文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 徴用工判決 韓国紙、評価割れ「正義」「韓日関係に台風」
  5. BTS 絶叫、すすり泣き…騒動の渦中、コンサートでは何が 会場外ではファン批判演説

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです