メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/218 第6章 26=高村薫 多田和博・挿画監修

 あるとき、いつもの職場、いつもの仕事、いつもの顔ぶれ、いつもの道などに流れていた時間がふいに途切れる。その瞬間、それまでの日常は消えてまったく新しい時間に放り込まれているという経験を、合田は過去に何度かしたことがある。その不可逆な場面転換をもたらすのは、いつも身近な者の病や死の知らせだったが、今回もまた同じだった。

 午後三時に警大を出、あと十メートルで榊原記念病院に着くというときに、そこに定期検診に来ているはずの…

この記事は有料記事です。

残り771文字(全文980文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  4. ORICON NEWS 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開延期を発表 「制作に時間要する」19年中公開へ
  5. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです