メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゆうゆう好日

シニアが担う子ども食堂

本橋武久さん(中央)は外を歩いていると、子ども食堂で顔見知りになった子に「おじいちゃん、どこいくの」と声をかけられる=埼玉県越谷市で、稲田佳代撮影

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 食事を通じて地域の大人と子どもが交流する「子ども食堂」。担い手として期待されているのが、仕事や子育てを終えた世代だ。子どもは社会の宝。地域の子どもを育ててみよう。

 ●「若さを保てる」

 学童保育と一緒に運営している埼玉県越谷市の「越谷こども食堂」。夕方になると、ランドセルを背負った子どもたちが次々「ただいま」と飛び込んでくる。小学1年の女児は、ボランティアの本橋武久さん(74)に上達した剣玉の技を見せるのに一生懸命だ。もう一人のボランティア、五味田真紀子さん(57)は、ボードゲームで遊ぶ子どもたちを優しく見守る。

 2人は同じ市民グループに所属。子どもの貧困について学んだことをきっかけに地元の子ども食堂に関わり始…

この記事は有料記事です。

残り995文字(全文1320文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及
  4. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  5. 北朝鮮 地下核実験場の坑道3カ所を爆破 北東部の豊渓里

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]