メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再思三省

第60回 「はなむけ」花は無関係

「再思三省(さいしさんせい)」とは何度も考え、何度も自らを省みること。実際に紙面に登場した事例などをひきながら、月1回、三つずつのテーマで気をつけたい事柄をつづっています。なお、この中には必ずしも一般的に間違いとはいえないものもあります。読者への配慮や紙面上の統一などの点から決めているものは、理由とともに示しています。

    相手に負けるわけではなく

     (強豪に)名前負け → 気後れ など

     球春。よく、強豪との対戦を前に「名前負けしないよう頑張る」などと意気込むのを耳にします。しかし名前負けを「相手の評判・名声に臆する意で使うのは誤り」(明鏡国語辞典)とされているので、気後れ▽臆する▽ひるむ▽名前に負ける▽名前に圧倒される--などの表現を使うよう工夫します。「子供に聖人の名を付けるなんて、名前負けをするよ」(同辞典の用例)のように、立派すぎる名に対して実物が見劣りすることを指す言葉です。

    すぐそばに落とし穴

     仮装通過 → 仮想通貨

     「仮装/仮想」が正しいかにまず目が行きます。「仮ソウ売買」なら株の売り買いを同時に発注して活発な取引を装うことなので「仮装」、でも「仮ソウ通貨」は「仮想空間」「仮想現実」などと同じ「仮想」……とよく見たつもりが、そこにばかり気を取られて隣がお留守になることも。「通貨」の方も「国際通過基金」などの誤変換がよく現れる言葉です。これだけ見ると容易に気づけそうですが、注意が他へ向いた後は案外ばかにできないものです。

    場違い、そしてハナ違い

     新入生に花向けの言葉 → 卒業生にはなむけの言葉

     意味も表記も勘違いされやすい「はなむけ」。別れに際して旅立つ人に贈るもので、入学式など迎える場面に使うのは不適当です。また、何となく花束が似合いそうに思えますが、旅立つ人の馬の鼻を目的地へ向けてやったことに由来し、花は関係ありません。「はなむけ」に当てる漢字として辞書にある「餞」「贐」は、常用漢字表にない字で難しく、かといって「鼻向けの言葉」と書いても誰の鼻か分かりにくいので、平仮名で書くことにしています。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
    2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
    3. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
    4. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです