メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

今週の筆者は千葉工業大惑星探査研究センター所長・松井孝典さん 一つではない「世界の語り方」

松井孝典さん=東京都千代田区で、丸山博撮影

 *2月13日~3月12日

 ■この宇宙の片隅に(ショーン・キャロル著、松浦俊輔訳・2017年)青土社・3456円

 ダーウィン、アインシュタインから宇宙の起源までを論じ、この宇宙で生きる意味を解明する。

 副題は「宇宙の始まりから生命の意味を考える50章」とある。しかし、本書で論じられるのは、生命を超えて、意識、さらには人間世界の意味や価値まで、実に幅広い。そこで興味が湧くのは、著者の専門分野だが、訳者の解説によれば、理論物理学者で、宇宙論を専門とするという。

 そもそも興味を持ったのは、本書の構成だ。50章仕立てで、それが6部に分けられている。各部のタイトル…

この記事は有料記事です。

残り1380文字(全文1660文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
  3. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  4. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]