メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 永嶺重敏さん 民衆の心情、歌に探る

永嶺重敏さん=中村藍撮影

 ■オッペケペー節と明治 永嶺重敏(ながみね・しげとし)さん 文春新書・950円

 「オッペケペー節」は明治期を代表する流行歌だ。1891(明治24)年に東京・浅草で川上音二郎が歌って大人気となり、全国各地へ広まっていった。「自由」がキーワードの七五調の歌詞に、「オッペケペ、オッペケペッポーペッポーポー」というはやし言葉が付く。芝居の幕あいに歌われ、上流階級に対する批判や、開化熱への風刺が民衆の共感を呼んだ。

 著者は近代の活字文化、読書文化の研究から出発し、映画や流行歌へ対象を広げてきた。本書では「オッペケ…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. コトバ解説 「海老」と「蝦」の違い
  3. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです