メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1989年、つまり平成元年4月、消費税が導入された。この時、僕は深刻な「経済格差」を予感していた。

 消費税が導入された89年度と2016年度の税収構造を比べてみよう。税収は共に55兆円程度。だが、税収構成がガラリと変わり、消費税が約14兆円も増え、その一方で、法人税が約8兆円も減り、所得税も約4兆円減った。法人税率が引き下げられ、富裕層の金融資産所得に対する「低い税率」はそのまま。庶民から満遍なく消費税が徴収され、その結果、経済格差は大きくなった。

 平成は「非正規労働の時代」でもある。正社員が大幅に減った。

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文891文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです