メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/104 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(8)

 計算高いミヤがいった。

「たとえ細川たちに賭けて勝っても、どら焼きは一個半だろう。おれたちが勝ったら、三つはくえるぞ。おまえんとこ弟や妹がいるだろ。家にもって帰って分けてやれるぞ。兄貴の株が急上昇だ」

 佐々木の家族は、この時代めずらしくもない六人きょうだいだった。少年博打(ばくち)の胴元はあごをひねりながらいった。

「そうだな。ここは山っ気をだして大物狙いといってみるか。おもしろそうだ。えーっと、宮西が腹痛で、時田…

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文892文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]