メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川ヘレンのこれ食べてみて

エビとニラの水ギョーザ カツオとトウミョウと白菜のサラダ 楽しい食感、ウキウキの春

具材の緑や赤が透けて食欲をそそる「エビとニラの水ギョーザ」(手前)と「カツオとトウミョウと白菜のサラダ」=菅知美撮影

 春到来。この冬は寒かったので、よけいうれしいですね。そんな春の食卓に、ツルッとした食感が楽しい水ギョーザはいかが? 西川ヘレンさんに「エビとニラの水ギョーザ」を教えてもらいましょう。

 具は白菜、ニラ、エビ、鶏ひき肉、ショウガですが、ここに糸コンニャクを入れるのがヘレンさん流。「ヘルシーですよ」。湯がいてみじん切りにして、ほかの具材としっかり混ぜます。用意したギョーザの皮は100枚。そんなに?と驚きますが、「いっぱい作って冷凍しておけば、中華スープに入れるなど、いろんな食べ方ができます」。手際よく皮に包んでいくヘレンさん。西川家では、子どもたちも自分で包むので、形はバラバラだとか。それもまた、にぎやかでいいですね。

 お湯に2分ほど入れたら、ゆで汁ごと器によそって、ポン酢とラー油のタレでいただきます。ニラの緑とエビ…

この記事は有料記事です。

残り1284文字(全文1645文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  5. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです