メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

福島事故後の「原発マネー」 「脱・依存」にこそ使用を=遠山和宏(西部報道部)

玄海原発1号機の廃炉交付金を使って設置された街路灯。原発依存からの脱却は容易ではない=佐賀県玄海町で昨年12月、遠山和宏撮影

 東京電力福島第1原発事故を機に、交付金や補助金など巨額の「原発マネー」が立地自治体を財政面での依存体質に陥らせる問題がクローズアップされた。事故から7年がたち、少しでも変わったのか。今月中と見込まれる九州電力玄海原発3号機(佐賀県玄海町)の再稼働を前に交付金行政の現状を調べ、西部本社版朝刊で2月28日から3回、「原発マネーはいま」を連載した。取材して分かったのは、事故後新たな交付金が生まれ、その中には使途に疑問符がつくものも少なくないことだ。

この記事は有料記事です。

残り1829文字(全文2053文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです