メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

晴れ時々OFF

手作りみそ 老舗に入門

雨風のみそ造り教室に参加し、材料を団子状に丸める参加者ら=堺市西区の雨風で

 <くらしナビ ライフスタイル>

 発酵食品ブームが続く中、気軽に手作りできるみそが人気だ。特に1~3月は「寒仕込み」として、おいしさも格別。家庭でみそを手作りする文化が残る大阪・泉州で作り方のコツを教わった。

 ●寒仕込みは格別

 「自画自賛を意味する手前みそという言葉は元々、『手作りみそ』という意味だったんですよ」と解説するのは、1689(元禄2)年創業の老舗「雨風(あめかぜ)」(堺市)の16代目、豊田宣広さん(26)だ。日曜日を除き毎日、みそ造り教室を開いている。出張教室も含めると年間1500人以上がみそ造りを体験しているという。この日も小谷安奈さん、山尾真希さん、日根野谷亜紀さんの3人組が教室を訪れた。小谷さんと山尾さんは昨年6月、雨風で初めてみそ造りを体験し、その魅力にはまった。「自分で作ったみそを食べたら、他のみそは食べられません」と小谷さん。山尾さんは「余計な添加物が入っていないので安心して食べられます」と話す。

この記事は有料記事です。

残り962文字(全文1378文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  5. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです