メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井六段が年度4冠 対局数・勝数・勝率・連勝数

藤井聡太六段

 将棋の最年少棋士、藤井聡太六段(15)が、対局数、勝数、勝率(30対局以上)、連勝数の記録全4部門で2017年度の1位を独占することが決まり、日本将棋連盟が13日発表した。残りの対局数から、2位が逆転する可能性がなくなった。16年10月にプロになった藤井六段は、17年度が年度を通しての棋戦初参加。いきなり4冠を達成し、破格の強さを示した。

 藤井六段は今年度、13日までに70局対局し、59勝11敗で勝率8割4分3厘。連勝数(年度またぎ可)は16年12月24日のデビュー戦から17年6月26日までの歴代最多となる29連勝が記録となる。

 各部門の2位(13日現在、未放映のテレビ対局を除く)は▽対局数=58、豊島将之八段(27)▽勝数=42、豊島▽勝率=7割7分4厘(41勝12敗)、大橋貴洸四段(25)▽連勝数=14、藤井。連勝数は藤井六段自身が13日現在更新中で、どこまで伸ばすかにも注目が集まる。

 記録がある1967年度以降、年度記録4部門1位独占は過去2人。69年度に内藤国雄九段(78)が全63局、48勝、勝率7割6分2厘、15連勝で達成。羽生善治竜王(47)は88、89、92、2000の各年度計4回達成している。

 連勝数を除く3部門の歴代最高記録は▽対局数=89、羽生(00年度)▽勝数=68、羽生(同)▽勝率=8割5分5厘(47勝8敗)中原誠十六世名人(70)、1967年度。

 藤井六段は「一局一局の積み重ねがこのような結果として表れたことをうれしく思います。これからもよりよい将棋を指すべく精進していきたいです」とコメントした。【新土居仁昌】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 IT講師刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
  2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  4. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]