メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川内原発

1号機の燃料集合体1体から放射性物質漏れ

川内原発=鹿児島県薩摩川内市で2017年3月、本社ヘリから矢頭智剛撮影

 九州電力川内(せんだい)原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)で1次冷却水の放射性ヨウ素濃度が上昇した問題で、九電は12日、燃料集合体1体から放射性物質が漏れ出ていたと発表した。外部環境や作業員に影響はないという。燃料集合体の中にある核燃料棒を覆う管に穴が開いている可能性があり、今後、損傷具合や原因などの詳細を調べる。

     川内1号機は昨年3月以降、1次冷却水の放射性ヨウ素濃度が通常値より上昇。制限値を下回っていたが、今年1月からの定期検査で、燃料集合体157体を調べていた。

     九電によると、九電の原発で同様の放射性物質漏えいは10例目で、川内原発では2例目。【浅川大樹】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 IT講師刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
    2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
    3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
    4. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
    5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]