メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤ちゃんハテナ箱

男の子らしさ、女の子らしさ 意識するようになるのはどうして?

ぬいぐるみやお医者さんセット。男女どちらが遊んでも構わないのに、大人は無意識に「性別にふさわしい」方をすすめがち=稲田佳代撮影

 言葉の発達が進む3歳ごろになると、「ぼくは男の子だから強くないといけないんだ」「女の子だからお料理するんだよ」などと言い出したりする。「男の子だから」「女の子だから」と子どもが言い始めるのは、大人の影響が大きい。【生活報道部・稲田佳代】

 「女の子だから料理する」「男の子だから泣かない」などの発言は、社会や文化によって作られる社会的性別「ジェンダー」に影響されて出てくる。男女の役割について「こうあるべきだ」とする固定的な考えを「ジェンダー・バイアス(偏見)」といい、その子ならではの個性や能力を発揮する機会を奪う危険性がある。

 ジェンダー・バイアスのない保育や、幼児期の性教育に取り組んできた山梨県立大学の池田政子名誉教授(心…

この記事は有料記事です。

残り1633文字(全文1948文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 質問なるほドリ 非正規雇用、増えているの? 年々増加 過去最多2036万人に=回答・福島祥
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  5. 大相撲 貴乃花親方「告発は真実」 信念貫き、角界去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです