メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

小林 聡美・評『創造&老年』『成熟脳』

「したいことしかしない」そこに自分だけの宇宙がある

◆『創造&老年 横尾忠則と9人の生涯現役クリエーターによる対談集』横尾忠則・著(SBクリエイティブ/税別2000円)

◆『成熟脳 脳の本番は56歳から始まる』黒川伊保子・著(新潮文庫/税別460円

 ゲッターズ飯田の占い本によると、私のタイプは「銀のインディアン」。基本性格は「恋も仕事も超マイペースな永遠の中学生」、さらにその中でもタイプが細分化されていて、私には「小学生芸術家」というキャッチフレーズが。これらのフレーズには、実は妙に腑(ふ)に落ちるところがある。というのも、私自身、基本的な価値観は14、15歳から変わっておらず、人生半世紀以上を過ごした今でも中身が中学生、という違和感を抱えたままなのだ。そんな私が非常に興味深く読んだ2冊。

 まず『創造&老年』(横尾忠則)。自身も80歳を超えた画家の横尾忠則氏が、80歳を過ぎてなお精力的に…

この記事は有料記事です。

残り1123文字(全文1520文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです