メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

それぞれの3.11

東日本大震災7年/5止 歌人・梶原さい子さん

=宮城県大崎市の江合川で

海と真実、歌い続ける

 あの日、宮城県内陸部、大崎市の高校で勤務中、3年前の岩手・宮城内陸地震(震度6弱)を大きく超える激震に見舞われた。校庭に地割れが走り、外国人の英語助手はショックのため、一時的に視力を失った。

 倒壊物で家に入れず、車中で過ごしながら「気持ちは海に帰っていました」。生家は、津波による燃油の流出で火の海と化した三陸・気仙沼湾の最奥にある早馬(はやま)神社(気仙沼市唐桑町)。

 地獄だと言ひてそののちおとうとの携帯電話は繋(つな)がらざりき

この記事は有料記事です。

残り1317文字(全文1545文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
  4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
  5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです