メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

「本の装丁」テーマ 明治~現代、変遷たどる 町田 /東京

装丁にこだわった「本」を集めた企画展「本をめぐる美術、美術になった本」=町田市民文学館ことばらんどで

 本の装丁がテーマの企画展「本をめぐる美術、美術になった本」が、町田市原町田の町田市民文学館ことばらんどで開かれている。夏目漱石の小説「吾輩(わがはい)は猫である」(1905年)をはじめ、明治から現代までの特徴ある約200冊を展示する。

 明治20年代以降、和紙に代わる洋紙の生産と印刷技術の発達を背景に、現在の本の形(洋装本)が日本で定着し、表紙や外箱な…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]