メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から・ひょうご

新長田駅南再開発事業 県市合同庁舎に浮上託す /兵庫

新長田駅南再開発事業地区で建設が進む県市合同庁舎=神戸市長田区で、栗田亨撮影

 1995年の阪神大震災で一帯が焼け野原になった神戸市長田区のJR新長田駅周辺地区で、震災2カ月後から始まった「新長田駅南再開発事業」が今年、開始決定から24年目の春を迎える。「最後の復興事業」となる県市合同庁舎の建設工事が来年6月の完成に向けて進んでいるが、長年試行錯誤が続いた新長田のまちづくりで、街の再浮上はなるのか。関係者の動きを追った。【栗田亨】

この記事は有料記事です。

残り1668文字(全文1846文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強制性交等・監禁 県立病院の元看護師起訴 /福井
  2. もとをたどれば 鳥貴族 全品均一価格、成長の力に
  3. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式
  4. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
  5. 司法試験 最年少合格は慶大1年生「周りの人たちへ感謝」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです