メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊島の産廃問題

処理費5億6600万円増額 総量増加で /香川

 公害調停に基づいて豊島(土庄町)から昨年3月末までに搬出された産業廃棄物について、昨年度に相次いで総量が増えたため、処理費が5億6600万円膨らんだことが分かった。県は13日、関係事業費を盛り込んだ一般会計補正予算案を開会中の定例県議会に提出した。

 県廃棄物対策課によると、内訳は、▽当初5月中旬までの予定だった溶融炉(直島町)の稼働期間が約1…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  2. 浦和ルーテル 青学大系属校に 小中高校 /埼玉
  3. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  4. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  5. 文化審議会 世界遺産候補に北海道・北東北の縄文遺跡群

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]