メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチン時代

検証・ロシアの今/1 海上に巨大橋建設 「クリミア返さない」 失地回復で恨み晴らし

ウクライナ南部クリミア半島をロシア本土と直接結ぶ「クリミア橋」の建設現場=クリミア東部ケルチで2月

 春まだ遠い海の沖合に向け、巨大な橋「クリミア橋」を架ける事業が急ピッチで進んでいた。ウクライナ南部クリミア半島の東端ケルチ。幅19キロの海峡の先にロシア本土がある。半島とロシアを洋上橋で結ぶ事業には、「クリミアをウクライナには絶対に返さない」とのプーチン露政権の意思が表れている。

 2014年2月にウクライナで政変が起こると、ロシアは同3月18日にクリミアを自国領に一方的に編入した。「クリミア橋」建設は16年にスタート。今年末までに高速道路の橋を架け、来年末までには鉄道も通す計画だ。半島突端のケルチから半島中部の行政中心地シンフェロポリ、さらに半島西部のセバストポリを結ぶ道路建設も進められている。

 ケルチは他のクリミアの都市と同様、道路は穴ぼこだらけで疲弊した街にみえる。だが、地元の商店経営の5…

この記事は有料記事です。

残り1567文字(全文1919文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]