メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/220 第6章 28=高村薫 多田和博・挿画監修

 浅井忍は疲労困憊(こんぱい)して多磨霊園から帰り着くと、午後七時半という時刻を確認し、睡眠薬は服用せずにスマホ一台を手にベッドに転がる。夜は薬をやめてみるというのは、朝から決めていたことだったから実行したまでで、いまさらためらったり自分に確認したりする忍耐もなかったのが、よかったのか悪かったのかは分からない。いや、ごまかしても仕方がない。今日たまたま実家へ行ってすべての状況が変わったのが分かったいま、これは新たな地平へ出てゆくための一歩だし、もう迷っている時間はないのだ。

 早朝、仕事に行く前に呑(の)んだコンサータの成分はすでに血中には残っていない。眼(め)には見えない…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文948文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. 暴言 特別支援学級で女性教諭、生徒に「殺したろか」京都
  3. 台湾特急脱線 「自動制御保護システム切った」と運転士
  4. 対中国ODA 終了へ 累計3.6兆円、首相が訪中時伝達
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです