メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

精神疾患

対話で回復へ 医師ら創作劇で紹介 24日、都内で

 薬に頼らず対話で精神疾患の回復を図る取り組み「オープンダイアローグ」をテーマにした創作劇を、現役の精神科医や臨床心理士が24日の「関東子ども精神保健学会学術集会」で上演する。症例と支援の実践を即興のドラマ仕立てで紹介する珍しい試みで、学会員でなくても見ることができる。

 オープンダイアローグはフィンランドが発祥。統合失調症などの患者が助けを必要とする時に医師や看護師らが出向き、本人や家族の話に耳を傾け語り合う。幅広い世代…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. セクハラ防止 内閣府ポスター不評 深刻さ伝わる?
  3. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  4. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです