メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 パソコン上の事務作業を自動化する「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」と呼ばれる取り組みを導入する企業の動きを取材し、2月3日付朝刊で記事にした。定型業務をソフトウエアに代行させる仕組みで、人手不足の解消にもつながると受け止めた。取材の端緒は、九州電力の能見和司情報通信本部長へのインタビューだった。

 「来年度には本格導入したい。やらにゃいかんと思う。遅れれば遅れるほど(よくない)」。昨年8月から試…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文445文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  3. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  4. 政府 福田財務次官の辞任を閣議了承 セクハラ疑惑
  5. アクセス 受刑者逃走2週間、なぜ見つからぬ 捜査員ガサゴソ、空き家1000軒、果物たわわ 最近30年「逃げ切った例なし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]