メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法務省

オウム死刑囚7人を移送 東京拘置所から5カ所へ

東京拘置所=本社ヘリから石井諭撮影

 地下鉄サリン事件などオウム真理教による一連の事件で死刑が確定した死刑囚13人のうち7人について、法務省は14日、東京拘置所から別の5カ所の拘置所への移送を始めた。一連の事件の刑事裁判は1月に全て終結し、法務省は教祖の松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(63)ら13人の執行について慎重に検討している。

 13人は、坂本堤弁護士一家殺害事件(1989年11月)▽松本サリン事件(94年6月)▽地下鉄サリン事件(95年3月)--のいずれかで主要な役割を果たしたとして死刑が確定。全員が東京拘置所に収容されていた。

 関係者によると、移送されたのは、中川智正(55)▽新実智光(54)▽林(小池に改姓)泰男(60)▽早川紀代秀(68)▽井上嘉浩(48)▽横山真人(54)▽岡崎(宮前に改姓)一明(57)--の各死刑囚。

 死刑の執行ができる施設は全国で、東京、大阪、名古屋、札幌、仙台、広島、福岡の7カ所の拘置所。関係者によると、松本死刑囚は移送されないという。死刑囚7人について、札幌を除いた5カ所へ東京から移し、15日にも全員の移送を終えるという。

 通常、死刑囚は刑事裁判が確定した裁判所の地域を管轄する拘置所に収容されるが、共犯者が多数の事件などでは別の拘置所に移すケースもあるという。【鈴木一生】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  2. 大阪震度6弱 女児通夜、泣き崩れる児童も
  3. ジョジョの奇妙な冒険 第5部「黄金の風」がテレビアニメ化 10月放送開始
  4. 海洋汚染 微小プラスチック、国内の貝にも 沖縄や東京湾
  5. 殺害容疑の姉 弟の遺書、偽装の痕跡 父後継ぎで対立か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]