メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスベスト訴訟

賠償額増額、2審も国の責任認める 東京

「東京第1陣集団訴訟」控訴審 メーカーの責任は否定

 建設現場でアスベスト(石綿)による健康被害を受けたとして、東京、埼玉、千葉の元作業員や遺族が、国と建材メーカー42社を相手に慰謝料など総額約120億円の賠償を求めた「東京第1陣集団訴訟」の控訴審判決で、東京高裁(大段亨裁判長)は14日、1審・東京地裁判決(2012年12月)に続いて国の責任を認定し、メーカーの責任は否定した。その上で賠償額を約10億6000万円から約22億8000万円に引き上げた。同種訴訟は全国で14件起こされており、2審判決が出たのは2件目。1審判決を含め、国は今回の判決で1勝8敗となった。【近松仁太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. タンザニア フェリー沈没130人超死亡 ビクトリア湖
    2. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
    3. 棚橋弘至選手 「笑顔、無理ですよ…」 “恩人”の手紙に男泣き 寺田心も涙
    4. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
    5. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです