メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスベスト訴訟

賠償額増額、2審も国の責任認める 東京

「東京第1陣集団訴訟」控訴審 メーカーの責任は否定

 建設現場でアスベスト(石綿)による健康被害を受けたとして、東京、埼玉、千葉の元作業員や遺族が、国と建材メーカー42社を相手に慰謝料など総額約120億円の賠償を求めた「東京第1陣集団訴訟」の控訴審判決で、東京高裁(大段亨裁判長)は14日、1審・東京地裁判決(2012年12月)に続いて国の責任を認定し、メーカーの責任は否定した。その上で賠償額を約10億6000万円から約22億8000万円に引き上げた。同種訴訟は全国で14件起こされており、2審判決が出たのは2件目。1審判決を含め、国は今回の判決で1勝8敗となった。【近松仁太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
    2. 入れ墨逆転無罪 若者に流行 識者「時代に即した判断」
    3. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
    4. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割
    5. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです