メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

よくわかるニュース

2月のニュースファイル(2018年4月号より)

■「核なき世界」どこへ、アメリカ、小型核兵器を開発へ

     アメリカのトランプ政権は2月2日、核兵器の態勢を見直す指針を発表しました。特にロシアに対する核抑止*を強めるため、爆発力の小さい小型核など、2種類の新型核兵器をつくることを明かしました。

     また、核兵器で攻撃されたのでなくても、核で反撃する可能性があるとしました。

     核戦略の指針は政権が代わるたびに公表され、「核なき世界」を打ち出したオバマ前大統領の2010年4月以来、約8年ぶりです。

     トランプ政権は「そのころと比べて国際的な安全保障環境はとても悪くなった。世界はより危険になっている」と指摘。ロシアや中国が核軍事力を増強し、北朝鮮やイランも核開発を続ける以上、核戦力で抑えこむことが必要だと主張しています。

    ★考える

    今回のアメリカの方針転換について、あなたはどう考える?

    日本の安全保障はアメリカの「核のかさ」に守られているが、軍拡競争を防ぐためにどうすべきだろう?

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
    2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
    3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
    4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
    5. 東名あおり運転、被告に懲役23年求刑 遺族「苦しみ味わって」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです