メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

「復興の思想」を=近藤勝重

 人間が生きていくためには、ものすごいいろんな物の協力がある。電車から降りて帰宅途中目にする風景や松の木一本だって自分の存在を支えてくれているんです。

 臨床心理学の第一人者だった河合隼雄氏が「対話する人間」でそういう趣旨のことを書いておられた。

 そうだなあ、とそのことを実感したのは、生まれ育った田舎の生家が跡形もなくなったときだ。長年兄夫婦が住んでいたが、事情があって売却した。所用で帰省した折、すでに空き地になっていた生家跡を目にし、受けたショックは大きかった。河合氏のおっしゃる「ものすごいいろんな物」の中でも生家というのは格別な物であろう。庭の松の木一本も目に浮かんで、思わず嘆息をもらした。

 いつもあるはずのものがないという違和感と喪失感。「3・11」の被災者たちが、家どころか古里と生活を…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文892文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  3. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです