メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

「復興の思想」を=近藤勝重

 人間が生きていくためには、ものすごいいろんな物の協力がある。電車から降りて帰宅途中目にする風景や松の木一本だって自分の存在を支えてくれているんです。

 臨床心理学の第一人者だった河合隼雄氏が「対話する人間」でそういう趣旨のことを書いておられた。

 そうだなあ、とそのことを実感したのは、生まれ育った田舎の生家が跡形もなくなったときだ。長年兄夫婦が住んでいたが、事情があって売却した。所用で帰省した折、すでに空き地になっていた生家跡を目にし、受けたショックは大きかった。河合氏のおっしゃる「ものすごいいろんな物」の中でも生家というのは格別な物であろう。庭の松の木一本も目に浮かんで、思わず嘆息をもらした。

 いつもあるはずのものがないという違和感と喪失感。「3・11」の被災者たちが、家どころか古里と生活を…

この記事は有料記事です。

残り542文字(全文892文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  2. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  3. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  4. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  5. ORICON NEWS [ななにー]剛力彩芽、念願の「TikTok」初挑戦 稲垣・草なぎ・香取と全力変顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです