メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふなやんの日々是好日

桜、出会いと別れの彩り 花咲き花舞う季節 /島根

別れと出会いを象徴する桜=島根県美郷町で2017年4月、日本写真家協会会員・船津健一撮影

  花に嵐の例えもあるぞ

  さよならだけが人生だ

 中国・唐時代の漢詩を、作家の井伏鱒二が訳した後半部だ。詩の前半をこう訳している。

  この杯を受けてくれ

  どうぞなみなみ注がしておくれ

 改めて言うまでもないが、「ならば今を、人生を大切に生きよう」という肯定的な意味合いである。

 やがて来る春は、別れと出会いが交錯する…

この記事は有料記事です。

残り159文字(全文317文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗
  3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです