メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチン時代

検証・ロシアの今/2 冷戦後最悪の対米関係 価値観押しつけ拒絶

 「一極支配とは何か。権力の中心がただ一つ。主人がただ一人、主権者がただ一人の世界だ。民主主義とはなんら関係がない。今日の世界では一極支配は容認できず機能しない。倫理的、道義的な基盤がないからだ」

 米露関係は「冷戦終結後最悪」といわれる。プーチン大統領の米国敵視の姿勢はいつ始まったのか。多くのロシアの軍事・外交専門家が「分水嶺(ぶんすいれい)だった」と口をそろえるのが、2007年2月10日、ドイツ・ミュンヘンで開かれた「安保政策会議」でのこの演説だ。ゲーツ米国防長官(当時)らを前に米国の「一極支配」を初めて痛烈に批判した。

 00年の就任当初、プーチン氏は米国との協力に腐心した。01年の米同時多発テロでは、世界の指導者で真…

この記事は有料記事です。

残り854文字(全文1168文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. アメフット 日大以外の関東15大学が共同宣言
  3. 名古屋市 「名古屋に将棋会館新設を」 河村市長が意欲
  4. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  5. アメリカンフットボール 悪質反則 「監督指示」 日大選手主張へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]