メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

坂村健の目

公文書、紙から電子的管理に

 米国立公文書記録管理局(NARA)は、連邦記録法に基づき、大統領が上院の同意を得て長官を任命する独立機関。各政府機関に文書移管命令も出せる強い権限を持つ。使命は「人々が文書遺産を発見し使用し学ぶことができるように、政府の記録を保護し保存すること」で、そのために「連邦政府の政策・業務処理の完全な文書化」を目標としている。

 公務のメールもすべて対象となる。2015年に発覚したヒラリー・クリントン元国務長官のメール問題は、…

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1161文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
  4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  5. ほうじ茶 いれたて味わって 埼玉・熊谷に専門店オープン

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]