メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

大阪・四天王寺(古典落語「天王寺詣り」) おおらかに庶民を包む

四天王寺の西側にある石の鳥居前で話す高島幸次さん(左)と瀧藤康教さん。「天王寺詣り」では、ここから境内の案内が始まる。奥に見えるのが極楽門と五重塔=大阪市天王寺区で、山田夢留撮影

 春と秋の彼岸には、毎年約10万人の人出でにぎわう大阪・四天王寺。聖徳太子ゆかりの日本最古の寺は、数々の上方芸能の舞台にもなってきた。中でも古典落語「天王寺詣(まい)り」は、彼岸の四天王寺を丸ごとスケッチした「名所案内」といえる噺(はなし)。春のお彼岸を控えた今月上旬、1400年以上にわたり、大阪の人々に愛されてきた古寺を訪ねた。【山田夢留】

 愛犬のクロを供養してやりたいと、知人と四天王寺を訪れた主人公の男。上方落語に欠かせぬキャラクター、…

この記事は有料記事です。

残り1284文字(全文1506文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  3. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
  4. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
  5. 福岡男性刺殺 容疑者か ネットに「自首し俺の責任取る」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]